恩師谷下市松先生の生誕110周年を祝い、平成28年11月8日(火) 三田キヤンパス「ファカルティクラブ」にて、谷下研究室卒業生の懇親会を開催しました。
会に先立ち、亡き恩師と同僚を偲び黙禱。
発起人代表18期八卷康人君の開会挨拶。参加最年長12期北川啓也君の乾杯で開宴。研究室最終卒業30期大瀧鎭雄君、松下行雄君の締めで閉会。
途中、「谷下先生の想い出」を18期渡部康一君、「塾勇退後の先生のご活躍と勲二等瑞宝章受賞」を22期小口幸成君等のお話がありました。
参加者は5名のご夫人を含め、12期から30期までの46名。約2時間余りの立食形式の懇談でありましたが、期を超えての、旧交を暖める事ができました。
「若き血」を歌い、「記念撮影」後、次会の元気な再会を約束しながら散会。
(18期 井上純三)

p1060015