【活動報告①】慶應義塾大学病院医療支援資金への寄付について

2020年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に拡がり、社会が急速に縮退するという未曾有の事態になりました。慶應義塾は、まさに今、全塾規模で取り組むべき危機に直面しています。このような中、6月に行われた幹事会書面決議にて採択された、次の支援事業を行いました。

2020年度幹事会資料はこちらからご覧ください

今年5月、予想や予測という言葉が立ち向かえないほどの劇的な変化が起こる中、『慶應義塾の新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急支援』について、塾長ならびに連合三田会会長より連名のお願い状を頂戴しました。(cf. http://www.dosokai.st.keio.ac.jp/info/support-covid19/
理工学部同窓会は医学部の三四会と並ぶ歴史と伝統のある三田会組織の一つであり、誇るべき伝統として長く受け継がれている「社中協力」の理念のもと、『慶應義塾大学病院医療支援資金』に100万円の寄付協力をいたしました。

 

この寄付協力についての常任理事および病院長からの連名のお礼状はこちらからご覧いただけます。

寄付協力へのお礼状