このたび慶應義塾の新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急支援につきまして、塾長ならびに連合三田会会長名にてお願い状を頂戴しました。

理工学部同窓会は、医学部の三四会と並ぶ、歴史と伝統のある三田会組織の一つであり、このメッセージをしっかりと受け止め、義塾の誇るべき伝統である「社中協力」の精神の下、確固とした歩みを共に力強く進めるべく対応しなければならないと考え、会員の皆様一人一人にご高覧頂きたく、本状を当会のホームページにて紹介する次第です。

会員各位のご支援ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

慶應義塾大学理工学部同窓会会長  落合 正行

 

2020年5月

各位

慶應義塾長        長谷山 彰

慶應連合三田会会長   菅沼 安嬉子

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援のお願い(趣意書)

急啓  平素より慶應義塾ならびに三田会の諸活動に対し格別の御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆様におかれましても、このたびの新型コロナウイルス感染症拡大に伴い様々な困難に対峙されていらっしゃることと存じます。心からお見舞い申し上げます。

このような厳しい状況におきましても、塾員をはじめとする皆様より、慶應義塾へのあたたかいご支援のお申し出を数多くお寄せいただいております。義塾では皆様からのご厚志を速やかに学生や医療現場へお届けできるように、基金室Webサイトに寄付のお申込みページを開設いたしました。

経済的理由により修学が困難となった学生が安心して学問に打ち込めるように、大学として迅速かつ適切な経済支援を行っていく必要があります。また、昼夜を分かたず新型コロナウイルスと感染症との闘いに全力で取り組んでいる信濃町キャンパスにおいては、大学病院を中心とした医療体制の維持・強化が急務となっております。

いずれも物心両面での更なるバックアップが必要となっており、義塾の教育・研究・医療を守り抜くという観点から、下記の二つの使途へのご支援について、慶應義塾長、慶應連合三田会会長の連名にて三田会の皆様にご依頼申し上げる次第です。

この未曾有の危機に社中一体で立ち向かうために、各三田会におかれましては、会員の皆様に広くご周知いただき、ご支援ご協力の輪を広げていただけますよう、心からお願い申し上げます。

敬具

1.ご寄付の使途

①『慶應義塾大学修学支援奨学金』

慶應義塾大学の在学生(対象:私費外国人留学生を含む、学部生および大学院生)のうち、家計急変などにより学費の支弁が困難となり、学業の継続に支障が生じた学生に対する経済的支援に充当させていただきます。

②『慶應義塾大学病院医療支援資金』

慶應義塾大学病院における新型コロナウイルス感染症に対応するための医療体制の維持・強化を支援する目的に充当させていただきます。なお、感染症収束後は、大学病院の医療・研究体制のために役立たせていただきます。

2.ご寄付のお申し込み方法

・個人としてお申込みいただく場合

詳細はこちらの緊急支援のお願いページをご覧の上、お申込みください。https://kikin.keio.ac.jp/news/support-covid19/

・団体(三田会など)または法人としてお申込みいただく場合

お手続き方法が異なりますので基金室(kikin-box@adst.keio.ac.jp)までご一報ください。

3.ご寄付に関するお問い合わせ先

慶應義塾 基金室   E-Mail: kikin-box@adst.keio.ac.jp

以上